ふくろう薬局ブログ

事業モデルが最優秀賞に

 かなり秋を感じる今日この頃。またしても久しぶりの更新です^^;

かなり薬局がバタバタしてきて、9月は更新すらできませんでした・・・

しかし、今日は嬉しい話題があり、更新させて頂きます!!

/

今日、取引先の担当者さんが店舗に来られて、

「ふくろう薬局の事業モデルが最優秀賞に選ばれました」と、報告を頂きました。

ちなみにプレゼンをしたのは私ではなく、取引先の担当者さんです。

数ヶ月前から当薬局の取り組みを、とある会でプレゼンしたいと言われ、取り組み内容をお伝えしていました。

専門家へのプレゼン能力は、完全に担当者さんが優れていたわけですが、

間接的にその報告を受けて、かなり嬉しかったですね。

最優秀賞はもちろんですが、私のやり方が少し認められて気がして、涙が出そうでした。

真逆を行く薬局、初めて良かった~!(^^)!と思いました。

/

「絶対大丈夫です!!」と金融機関に融資をお願いし、事業を始めたわけですが、

実際始まると、孤独と不安が入り交じり、なんとも言えない感覚が・・・

ですが、今回の結果を聞いて、少し自身が付きました。

ありがとうございました。これからもっと頑張ります(*^_^*)

久しぶりの更新

みなさん、こんにちは。

久しぶりの更新です。

久しぶりになってしまったのは、長男が交通事故に遭い、入院や通院でかなりバタバタしていたからです(^^;)

幸いにも命に別状はなく、骨折はしておりますが、今日ギプスを取ることができました。

始業式から松葉杖ですが、登校もできており、少しずついつもの日常に戻りつつあります。

でも実際に、テレビでしか見ていなかったことが目の前で起きると、

何をすればいいのかも分からず、無力さを痛感しました。

痛がっている子供に何もしてあげることができず、ただ救急車を待つだけでした。

みなさん、事故には気を付けましょう。いつ加害者になるのか、被害者になるのか分かりません。

最大限気を付けていても、相手から来る場合もあると思います。

今回の事故でいろいろ考えされられましたが、大事だと思ったことは「ルールを守ること」です。

基本的なことですが、改めて重要性を痛感しました。

信号を守る、横断歩道を渡る、スピードを守る、左右を見る、標識を守る・・・基本ですね!!

長男も、かなり痛い思いをしましたが、いい勉強・教訓になったはずです。

【薬剤師が分かりやすく解説③】高齢者ドライバーの事故を防ぐための処方

 最近よく耳にする、高齢者ドライバーによる自動車事故。決して他人事ではないですよね。

何か対策を講じることが、早い段階で必要かと思います。

当薬局では微力ながら、無料送迎サービスを行うこととしました。

行うに至った理由は様々ですが、このことも理由の一つです。

7/1から開始しており、既にご予約やお問い合わせを頂いております。

それ以外に何か良い方法は無いか?

処方で何とかできないか?考えていたら、とあるメーカーが面白い話題を教えてくれました。

ズバリ、苓桂朮甘湯と真武湯という漢方薬の併用です。これはあくまで、中医学の考えです。

苓桂朮甘湯は、うっかり者、思い込みが激しい方に適しているという特徴がある。

真武湯は、各センサーが上手に作動していない、距離感がズレている方に適しているという特徴がある。

これだけでは・・・と思う方は多いとは思います。私も疑って聞いてました^^;

ただ、水の流れや熱の巡りを考えると、理にかなっているな・・・

これらを服薬して高齢者ドライバーの事故が減った!と証明することは難しいですが、

可能性があるのであれば試す価値はあると思います。

私の住む米沢は、車が無いと不便な地域ですので、こういったことを通してお役に立てればと考えております。

次回は、もう少し詳しくこの2剤について説明したいと思います。

新サービス開始!その名は、無料送迎サービス。

 令和元年7月1日より、ふくろう薬局の新サービスが始まります。

その名も、無料送迎サービス。

ホームページの冒頭にも、無料送迎サービスを行うに至った経緯を記させて頂きました。

既にご予約、お問い合わせを頂いており、無料送迎サービスの必要性や重要性をひしひしと感じています。

ふくろう薬局が無料送迎サービスに込めた想い、

ふくろう薬局が無料送迎サービスを行う意義、

ふくろう薬局でしか行えない無料送迎サービスの強み、

このことを大事にして運行していきたいと思います。

そして、無料送迎サービスがうまく軌道に乗った暁には、新しい形の医療と介護の連携が成されるのではと期待しています。

《薬剤師が検証》水イボandウィルス性イボと診断された我が子に"紫雲膏"を使用して動向を検証します⑤

 なかなか長男の水イボが良くなりませんm(__)m

そろそろプールが始まる時期で、長男は「イボがあるとプールに入れないから何とかして!」と毎日言っています。

病院で焼くのは簡単ですが、痛みが伴うのでそれも考えようです。

いろいろ考えた結果、今までは、紫雲膏を1日2回塗布していましたが、

次からは、ヨクイニン”錠”+ハト麦茶でいこうと思います!!

ヨクイニンの錠剤タイプを選んだのは、まさに味の問題です。

医師が処方するヨクイニンは細粒であることが多く、味が悪く服用が難しいことがあります。

当薬局で在庫している市販薬のヨクイニンは錠剤であるため、味も気にせず服用薬が可能です(^^)/

ハト麦茶のことは前にブログにも書かせていただきました☆(おススメ商品のカテゴリー内からアクセスしてみてください)

ハトムギ=ヨクイニンであるため、錠剤と併せて相乗効果を期待します。

当薬局で販売している、ヨクイニン煎エキス錠にはイボ以外にも、皮膚の荒れや利尿作用、関節痛にも効果があります。

そういった意味では、リウマチやむくみの症状にも期待できるのではないでしょうか(*^▽^*)